着物クリーニングQ&A

着物染み抜きしるくらんど

Menu

着物クリーニングQ&A

回答一覧

  • Q1. 和服で外出から帰った時に自分で出来ることは何でしょう?

    A1. 一晩ハンガーにかけて体温などでむれた着物の湿気をとって下さい。湿気が残ったままだとカビの原因になります。

  • Q2. 汚れ、しみなどを発見した時にすぐ出来ることはありますか?

    A2. 小さな汚れ、しみなどでも生地目に入ってしまったり、輪ジミが出来ることがあります。表面の汚れを固く絞ったタオルで軽く押さえて汚れを移す程度にして下さい。

  • Q3. 虫干しがなかなか出来ないのですが、どうしたらいいでしょう?

    A3. 湿度の低い日に窓を開け、タンスの引き出しを開けておくだけでも効果があります。

  • Q4. しみをつけてしまった時、気をつけることはありますか

    A4. あわててハンカチなどでこすらない様にして下さい。生地の表面が荒れてしまいます。

  • Q5. 汚れ、しみのひどい物は洗張りをしたら綺麗になるのでしょうか?

    A5. 古いしみ、黄変などは洗張りだけではとれません。薬品などを使った別の作業も必要になります。どうしてもとれない時は柄足しなどの方法があります。

  • Q6. 色無地の染替はどんなものでも可能ですか?

    A6. 絞りの入ったもの、刺繍の入ったものなどでは染替が難しいものもあります。 そういうもの以外で、生地弱りのないものであればほとんどの物が染替は可能です。

  • Q7. 若い時に着用した和服の赤い花柄が派手になってきたのですが、何か良い方法はありますか?

    A7. 柄の中の一部分を地味にする方法があります。洗張りしなくても仕立上がったままで色をかけたり、金砂子などをふることによって色をおさえることができます。

実例集

© 着物 染み抜き しるくらんど